TOPICS

プラズマを利用した環境応用技術及び液体の殺菌処理技術 [6月9日(木)福岡工業大学]

2017/06/24

■講師:濱田俊之
(ご所属)宇部工業高等専門学校
■演題:プラズマを利用した環境応用技術及び液体の殺菌処理技術

■日時:平成29年6月9日(木)16:30 〜 18:00
■場所:福岡工業大学 図書館 3F グループ学習室 03

■主催:福岡工業大学 工学研究科 電気工学専攻
■申込/お問合せ:福岡工業大学大学院事務室
電話:092-606-6996 E-mail:master@fit.ac.jp

■概要:プラズマは光源や材料表面処理技術や有害物質の分解やオゾン生成など幅広い分野へ応用されています。この講義では、プラズマの中でも気体分子及びイオン温度は低く、電子温度のみ高い非平衡プラズマを用いた環境応用及び水処理技術の開発事例として、太陽電池製造技術へのプラズマ技術の適用に関する可能性、並びに気液界面放電を利用した液体殺菌技術への適用に関する研究報告を説明する。講義内容への理解のため、高電圧による基本的なプラズマの発生原理や特徴の説明をはじめに行う。

■学生の関わり様:大気圧での誘電体バリア放電を利用した、太陽電池用電極溝の作製技術及びナノバブルと放電を組み合わせた殺菌処理技術に関する内容であった。講義終了後には遠隔講義の各大学から、積極的な質問があり、講師の先生も熱心に答えていた。
Page Top